笑っている女医

大腸がんは静かにやってくる|誰にでも起こりうる病気

生活習慣が要因

病棟

後遺症が一番恐ろしい

脳に腫瘍ができる病気が脳腫瘍です。主に脳の血管に腫瘍ができることが要因となっています。そもそも脳の血管に異常が発生する要因となりうるのは生活習慣です。そのため、生活習慣の乱れにおいて脳腫瘍が発生しやすくなっているのです。生活習慣は規則正しい食生活や、喫煙や飲酒の習慣、そして適度な運用などが挙げられます。ストレスの高い生活なども生活習慣病の要因となっています。脳腫瘍の恐ろしさは後遺症です。脳の細胞が圧迫されるとその細胞は死にます。一度死んだ細胞を復活させることはできないため、その細胞が司る機能に影響を及ぼすのです。言語障害や記憶障害、そして不随など発生する場所によって、後遺症の症状は異なります。

早期発見が大事

脳腫瘍を発見したときにはできる限り早く治療することが大事になります。早期発見が、後遺症を防止したり、その程度を軽減させることにつながるのです。最近の手術では、頭の一部から器具を注入して治療できるなど、患者の体に負担をかけないように手術することが可能になっています。しかし腫瘍ができる場所によっては、手術することができないこともあり、その場合には薬物治療などを繰り返し行う事になります。腫瘍は薬で小さくさせることができれば、その分障害を小さくすることができます。脳腫瘍の発見後の治療は、担当医師と治療方針を相談したうえで進めていくことになります。そのため受診時には、セカンドオピニオンを利用し信用できる医師を探すことを意識しましょう。