笑っている女医

大腸がんは静かにやってくる|誰にでも起こりうる病気

免疫力を高める

手

免疫療法は、現在癌知力の方法の中でも新たな可能性を秘めた治療法としてとても注目されている治療法です。免疫細胞と言われる体内に入り込んだ身体にとって害になるものを排除してくれる細胞が元々私たちの体内には備わっていて、その働きを活性化させるのが免疫療法の主な狙いです。免疫療法も研究による進歩によって手段が変わってきていて、はじめは身体全体の免疫力を高めるような方法であったのが、現在の免疫療法は特定の免疫細胞に患者が現在発病しているがんに関する知識を覚えさせて、よりがんの攻撃を積極的に行うような免疫細胞に強化するという豊富になっています。免疫療法はまだ研究段階であり、これからも成長していく可能性を大いに秘めた治療法です。

長年、日本人が病気で死亡する原因で最も多いのががんによる死亡です。現在、日本人の三人に一人ががんになり四人に一人が死亡すると言われています。長年、癌の予防には食生活と日常生活の改善が必要だと言われ、それが必要なのは言うまでもないですが、近年、それだけではなく、免疫力を高めることもがんの予防には大切だという事が分かってきました。がんを予防するために免疫力を高めることはとても有効です。免疫力を高めるためには、適度に運動するのがとても有効で、運動を日頃からする習慣のある人は免疫細胞の活動が活発になると言われています。がんを発症して退院した場合でも出来るだけ早く運動することによって体力の低下を防ぎ、免疫力を増やす効果があります。