男性と女性

大腸がんは静かにやってくる|誰にでも起こりうる病気

生活習慣が要因

病棟

脳にできる腫瘍が脳腫瘍です。脳腫瘍の恐ろしいところは、発見が遅くなるなどによって、後遺症を残すことがあることです。脳細胞は神経を司るものであり、腫瘍の発生する場所によって、後遺症を残す恐れが多くなるためです。

Read

脳の血管の深刻な病気

病棟

脳動静脈奇形とは脳の動脈と静脈が直接つながっている病気です。出血するリスクが高く、出血しなくても悪影響を及ぼします。症状が現れたら、すぐに治療を受けなければなりませんが、症状が現れた時点で、すでに危険な状況ですので、予防が大切です。先天性で自覚症状が乏しいのですが、脳ドックを受ければ発見できます。

Read

大腸のがんとその対処方法

診察

どうすれば予防できるのか

私たちの生活が欧米式になるにつれて、大腸がんもまた増えているのをご存知でしょうか。これはやはり、食生活も欧米式になっているため、動物性たんぱく質や脂肪を摂る機会が増えているからだといわれています。ですから、大腸がんを予防するには、まず食生活を改めることも大事なのです。そうはいっても、完全に食生活を昔のようにするのは難しいものです。また、肉や乳製品も栄養素としては大事なものです。ですから、できるだけ食事に食物繊維の割合を増やすとか、海藻を摂るなどしていくのがいいでしょう。また食生活のみならず、生活習慣を改善し、規則正しい生活を送るようにしましょう。お酒は飲みすぎないように、そしてタバコはやはりやめたほうが、大腸がんのみならず、すべてのがんを予防する意味で効果的です。

自覚症状と検査の勧め

ところで大腸がんとはいうものの、大腸は大変長く、いくつかの部位に別れています。日本人に多いのは、S字結腸がんと直腸がんで、主な自覚症状として血便が出ます。ですから、便に赤い鮮血が混じっている場合は、まず病院で検査を受けるようにしましょう。痔の場合も鮮血が混じりますが、大腸がんの場合は痔のような痛みは感じませんので違いは明らかです。また、痔の場合はぽたぽた垂れるような出血であることが多いです。それから腹部の膨満感、便通異常なども自覚症状といえます。また残便感や、下痢と便秘を繰り返すこともありますので、こういう症状がなかなか治らないような場合も、定期的に検査を受けるようにしましょう。また進行すると腸閉塞になりやすく、ひどい腹痛を起こすようになります。

免疫力を高める

手

癌の予防に食生活と日常生活の改善が大切なのは変わりないですが、現在ではそれだけではなく免疫力の上昇がそれらよりも大切だと言われています。免疫力の上昇には適度な運動がとても有効です。免疫療法は様々な研究がなされ、その方法も進化しています。

Read